アマゾンがAlexaを病院や高齢者施設に導入、高齢者との会話に意思の疎通に最適

アマゾンがAlexaを病院や高齢者施設に導入、高齢者との会話に意思の疎通に最適

アマゾンがAlexaを病院や高齢者施設に導入

Amazon(アマゾン)はすでにホテルや集合住宅などの分野をターゲットに含めていたが、米国時間10月25日、

医療機関や高齢者施設向けに新しいソリューションを展開すると発表した。

このソリューションは、Alexa Smart Properties(アレクサ・スマート・プロパティーズ)の一部だ。

Alexaデバイスを大規模に導入するニーズに応えるために特別に設計されており、施設の管理者は、

患者や入居者のためにカスタマイズされた体験を作り出すことができる。

高齢者施設の入居者は、Alexaデバイスを使って家族など大切な人を呼び出したり、

コミュニティでの出来事などのニュースを把握したりすることができる。

Alexaデバイスは、お知らせ、音声メッセージによる入居者同士のコミュニケーション、音声通話やビデオ通話、

チェックインやメンテナンスの依頼、さまざまな管理業務など、施設での活動の効率化にも利用できる。

Amazonは、これが施設の効率化と生産性の向上に資すると考えている。

Amazonの病院向け新ソリューションにより、患者はAlexaを使って介護スタッフとコミュニケーションをとったり、

自室の機器を操作したり、ニュースや音楽を楽しんだりすることができる。また、医療従事者は、Alexaの通話や

Drop-In(ドロップイン)などの機能を使い、病室に入らなくても患者とコミュニケーションをとることができる。

これが病院の生産性を向上させ、医療用品や手袋、マスク、ガウンなどの保護具を節約することもできるとAmazonは指摘する。

パンデミックで新型コロナウイルスの症例が急増し、個人防護具の不足が複数の現場で継続的に問題となっていた。

Amazonによると、Cedars-SinaiはAlexa Smart Propertiesソリューションを正式に展開する企業の1つであり、

上記のパイロットプログラムに続き、BayCareやHouston Methodistもその動きに名を連ねている。

「音声は、年齢や技術的な知識に関係なく、患者にとって直感的に使えるものです」とCedars-Sinaiの

医療・外科サービス部門のエグゼクティブ・ディレクターであるPeachy Hain(ピーチー・ヘイン)氏は声明で述べた。

「患者は、部屋に入ってすぐに、Alexaを使ってケアチームと連絡を取り合い、いろいろ楽しむことができます。

ケア提供者は作業を効率化して患者さんのケアに時間を割くことができます。

これは、私たちの病院での体験を向上させる完全なゲームチェンジャーです」と同氏は付け加えた。

こころから、このAMAZONの試みは素晴らしいと思います。

日本で、このようなことを行うと、人員削減は雇用を奪うので良くない

という風潮になってしまうだろう。

それよりも、患者さんや入所者のメリットに着目し、より安全で快適な

職場であり、住まいであることを重視しないといけない。

個人的にもALEXAは使っていて、大変重宝している。

母親が亡くなる前にもよく使っていた。

正直、80歳を超えた人にZOOMを使ってなどと言うよりも

アレクサを使うことでより、多くの人に簡単に使える未来が

最も望ましいと思う。

https://jp.techcrunch.com/2021/10/26/2021-10-25-amazon-brings-alexa-to-hospitals-and-senior-living-centers/

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索