東京都 医療提供体制の警戒レベル “最も低い”に引き下げ

東京都 医療提供体制の警戒レベル “最も低い”に引き下げ

東京都 医療提供体制の警戒レベル “最も低い”に引き下げ

東京都は25日、都内の感染状況と医療提供体制について専門家が分析・評価するモニタリング会議を開きました。

このなかで専門家は医療提供体制について、4段階のうち最も低い警戒レベルに引き下げました。

専門家は「救急患者の受け入れ態勢はいまだ影響を受けている」と評価したものの

「通常の医療との両立が安定的に可能な状況である」と総括しています。

ただ「感染拡大のリスクが高くなる冬に備えた態勢整備が必要である」と指摘しました。

感染者数は低いままのようです。

これだという決め手は誰にも分らないようです。

しかしながら、言われたことは比較的しっかり

守る。手洗い、うがい、マスクなども

他国に比べて、対応していることも一因だと

おもわれます。

まだまだ、油断は出来ないと個人的には思います
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211125/k10013360931000.html

11月24日 新たに確認された感染者数(NHKまとめ)
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/?utm_int=detail_contents_news-link_001

 

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索