人生100年時代の近視治療 ここまで進歩した眼内コンタクトレンズ「ICL」 眼内にコンタクトレンズを移植することで新たな可能性を切り開く 近視治療を実現する「ICL」。 人生100年時代の近視治療において、ICLはどのよ […]
医療、遅れるデジタル活用 開業医の統治不全 最近、喉痛や、ちょっとした刺抜きでなどで、 近隣の診療所に行くと極度に患者から距離を取る 院長がいらっしゃいます。 透明のビニール越しに診察などされています。 こんなことで診察 […]
腕時計で重い病気の予防や早期治療 「アップルウォッチ外来」 「アップルウォッチを含めたスマートウオッチが普及している。アプリによって、 不整脈を見つけることができます」(中部国際医療センター 中島孝 医師) iPhone […]
1年間で医療費を多く払ったのなら確定申告の「医療費控除」を 積極的に利用する 医療費控除 医療費が年間10万円(所得が200万円未満の場合は「所得金額×5%」の額)を 超えた金額について控除が受けられます。こちらの上限控 […]
“AI問診”が医療現場と患者をサポート 来院した患者がタブレット端末に主な症状を入力すると、AIがその症状についての具体的な質問20数個を表示。患者は選択式で答えていくという問診です。 全国で800カ所、県内で20カ所以 […]
ワクチン2回の陽性率、半数世代で未接種上回る 厚労省再集計で判明 新型コロナウイルスに関する厚生労働省の新集計で、ワクチンを未接種の人より2回接種済みの 人の方が陽性者になる確率が高くなったとのデータが示された。 同省が […]
薬は必要な時に必要な分だけ飲む 「先生が言っているのだから」とか「先生に悪く思われるから」 と医師の顔色をうかがい、我慢してしまう人がいますが、 「薬を飲んだら長生きできる」という確証は医師にもないのです。 本来、薬とは […]
あの有名医師が北の町の小さな診療所に その理由は意外にも… 北海道むかわ町 香山リカさん 「50代のときから、人生の後半をどんな風に過ごそうかなと思ったときに、 大学教授をずっとやってたんですけど、医師の免許を持っていて […]
「問診」カルテの作成にAIを活用して生み出すメリット 一般的に医師は問診票で不足する情報を患者に確認し、 知識や過去の経験を参考にして診察する。 そのため、問診票の内容と追加確認した情報を整理した上で カルテに手入力する […]
塩野義のコロナ経口薬、胎児に異常の恐れ…妊婦には推奨されない見通し 塩野義製薬は12日、実用化を目指す新型コロナウイルス感染症の 経口治療薬(飲み薬)について、妊婦が服用した場合、 発育途中の胎児に異常を引き起こす「催奇 […]
最近のコメント