大学病院で診療をしていながら適切に給与が支払われていない医師、歯科医師・・・

50大学病院、医師・歯科医師2191人の給与未払い

50大学病院、医師・歯科医師2191人の給与未払い

研究しながら診療もする博士課程の大学院生も含まれ、

診療は学位をとるための研究や自己研鑽(けんさん)として、

大学が安い労働力として利用している実態が浮かび上がった。

ここの部分は、難しいところではないでしょうか?

働き方改革がすすんだときに、大学院の研究生を

単なる、教授のサポートとするのか?

ある程度の給与を払うのか?

払うなら、最低賃金は払わないとおかしくなります。

それは医学部に限らず、他の研究施設でも、大学院でも

同じではないでしょうか?

これも、国がいたずらに、働き方改革を一方的に

進めるのではなく、研究機関には特例や、他の

勤務体系を認め、ここまでは研鑽であり研究とするが

ここからは、通常勤務とするといったものを

作るべきではないでしょうか?

施設や、被雇用者のそれぞれの立場に任せて

いては違った方向に進みそうな気がします。

長い目で見て競争力も落ちるでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000022-asahi-soci

ログイン

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索