医師の収入が減った理由と、今後の見通しは?

新型コロナの流行で医師の5割弱が「年収が減った」と回答、その理由は?

新型コロナの影響で年収が減った医師は5割弱

新型コロナの流行により、2020年度の年収に影響はあったか問うと、

半数弱の46%が「年収が減った」と回答。他方、「コロナを理由にした増減はなし」は38%、

「影響なし」は12%、「年収が増えた」は4%となった。「年収が減った」と答えた医師からは、

「4~5月の緊急事態宣言で、施設が休業したが休業手当がなかった」(50代・一般内科)、

「常勤先を解雇された」(40代・形成外科)といった声が寄せられた。

医師の年収は2016年をピークに

徐々に下降しています。

図らずも、2020年はさらに減収になりそうです。

これはあくまで、民間企業から

調査期間は2021年1月8~12日、有効回答は483人。

に対して行ったアンケートですから

全て、正確というわけではないでしょう。

しかし、全体の傾向を推測する目安になります。

収入が増えた人がわずか、4%という結果は

かなり厳しいことを表しています。

ここに、大きく影響を与えているのは

外来患者数の減少だと思われます。

多少、痛いや、苦しいことがあっても、

医療機関で、感染のリスクがあるよりも

自力で治そうとする人が増えたという

事でしょう。基礎疾患のある人、

高齢者はなおさらです。

逆に言うと、そのような患者さんが

医療機関を支えているとも言えます。

わずか、13カ月前には、世界中の殆どの

人がこのようなパンデミックの状態を

想像していなかったことは事実です。

あとはこの状態があとどれくらい続くのか?

今は、業界や職種によって、

減収や、影響が異なりますが

今後はこの接触型の社会に適応していく

ことが正しい生き延びかたになるのでしょうか?

今回、このようなアンケート結果がでた理由の

一つは、医師の世界では、高給が原則になっています。

アルバイト代も一般の方の、7~8倍程度です。

そうなると、解雇がしやすいということが

頻繁に突然の解雇が発生する理由らしいです。

これは労働基準法を全く守っていないことになります。

このようなことが続くとそのうち先生方も

不平不満が溜まってくるときも来るかしれません。

逆に、今は、医療機関から見ると、優秀な先生を

確保するチャンスでもあります。

https://news.mynavi.jp/article/20210120-1662155/

ログイン

資料ダウンロード

おすすめ動画

転職・アルバイトをお考えのドクターの方へ

ログインステータス

ログインしていません。

無料サイト会員登録

サイト会員登録すると、より詳細な求人情報をご覧いただけます。

ぜひフォームよりご登録ください。

医師限定LINE@募集中

アーカイブ

記事を検索